アパート経営を成功させるための比較情報サイト

不動産企業トップ5

アイケンジャパン

  • 安定した収入を得ながら資産形成が出来るアパート経営
  • アパート経営継続率は99%という安定した数値を保つ
  • 安心の保証システムで長くアパート経営が出来る

入居率98%以上にして実稼働率96%

アイケンジャパンは堅実なアパート経営を心がけています。その成果として入居率は98%、実稼働率は96%以上という高水準を保っています。この確かで安定した実績こそが多くの人々に利用され続ける企業の証です。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

アイケンジャパンに対するみんなの口コミ

  • 近年では不動産に関わる投資がはやり始めています。私もその中の一つ、アパート経営を始めてみようと思いました。将来的な不安を少しでも軽くするためです。初めてのことでしたが、こちらのスタッフさんのわかりやすい説明とサポートのおかげ...

  • 高い信頼性と安定性がある企業とのことでしたので、私もこちらにお願いすることにしました。どのように経営をしていけばいいのか、という提案だけでなく保証もしっかりしているので万が一の際にも安心です。今のところ大きな問題が発生するこ...

  • よくアパート経営だけでなく、不動産投資で収入が増えたというものが見かけられるようになっています。それを見て私はうまくいった人だけの声だろうと思っていました。でも知り合いからこちらを勧められ、試しにやってみるか程度で始めたので...

シノケン

  • 自分の土地が無くてもアパート経営が始められる
  • 軍資金が少なくても最適なプランでアパート経営をサポート
  • 経営開始後もサポートが徹底しているのでオーナーの負担が最小限

日本全国実績第一位のアパート経営

シノケンは全国賃貸住宅新聞発表で年間の着工件数で第1位に輝きました。アパ-ト経営、不動産投資において確かな実績と厚い信頼があります。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

シノケンに対するみんなの口コミ

  • 今流行りの不動産投資をやってみたくて、色々独学で勉強しましたがやはり個人でやるには限界があり、こちらにお願いすることになりました。まず、始めの軍資金が少なくても金融機関から資金調達ができるとあり、そちらもお願いしました。やは...

  • 自分のマンションを持っている人などが賃貸として家賃収入で暮らしているものなどよく見かけます。それに憧れて、マンションとまではいきませんが最初はアパートで経営をしてみたいと思い、シノケンさんにお願いしました。想像していたアパー...

  • 不動産投資と聞いて最初は難しそうと思っていたのですが、こちらにお願いすると、管理業務からメンテナンスや大家の仕事も代行して行って頂けるので、オーナーになったあとも凄く楽に過ごすことができました。経営に関するアドバイスなどもく...

東急リバブル

  • 不動産投資シュミレーションで簡単に年間収益を計算
  • 賃貸経営を各種サポートで経営者の不安を全面的にバックアップ
  • 全国にネットワークを広げているので全国どこからでも対応可能

物件の買取も行っているので売却する手も

アパート経営だけではなく、余らせてしまっている土地や物件があれば買い取りも行っているので売却して資金を得ることもできます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

東急リバブルに対するみんなの口コミ

  • CMで何度か名前を聞いたことがあったのですが、まさか実際に利用するようになるとは思いませんでした。アパート経営に関しては初心者なので、不安でしたがしっかりサポートしてくださり、安心して不動産経営を行うことができました。...

  • 不動産経営に元々興味があり、友人に勧められたことをきっかけに始めましたが、オーナーがこんなに大変だということに始めて気づけました。経営についても、知らないことだらけで勉強になりました。入居者とオーナーが信頼関係で築かれている...

  • 父から受け継いだ土地を活用化してほしくて、東急リバブルにお願いしました。不動産に関する総合的業務を行っているので、安心して売却することができました。せっかく父から譲り受けましたが、自分で使用できない分誰かの役に立てればと思い...

生和コーポレーション

生和コーポレーション

45年で培った土地活用サポート技術

生和コーポレーションは1971年の設立以来土地活用のエキスパートとして45年間お客様のサポートをしています。今までに培ってきたノウハウがあるから、安心して利用できます。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

レオパレス21

レオパレス21

独自の4つの力でアパート経営をサポート

レオパレス21ではオーナー様の負担を減らすべく、土地力・商品力・賃貸力・管理力の4つに特にこだわっています。

効果 価格・保障 対応 規模・実績 口コミ

アパート経営基礎知識

笑顔の男女

家賃収入で生活を楽に



本業では収入が足りない。共働きでも生活が大変。という人が今現在増えています。しかし、副業は本業の会社が認めていないし、副業をする時間もないという方もいるでしょう。アパート経営はいかがでしょうか?自分自身の時間も拘束されず、体力も取られません。入居率を上げる努力をすることで、毎月安定的な賃料収入が入ってきます。
それではアパートに投資をしましょう。はいそうですね。というようにすぐに動ける資金がある人はあまりいらっしゃらないでしょう。家賃収入で生活を楽にするためには、仮にローンを組んでアパートを購入した場合でも返済の比率は、50%以下にしましょう。
返済比率が50%以上になってしまう物件を買ってはいけませんというわけではありませんが、賃料収入で少しでも楽な生活や、安全に賃貸経営をしたいという方には、返済比率は50%の物件を購入することをお勧めします。
そうすると、どのような物件を購入すればよいのか徐々に見えてきます。元々貯蓄が少ないのに、新築アパートの投資に手を出してしまったら返済比率が恐らく50%以上となり、逆に苦しい生活を余儀なくされるという状況になってしまいます。自分自身に合った、物件選びを行いましょう。

笑顔の男性

アパート経営を始めるために必要な手続き



アパート経営は、物件を買って必要経費を全て支払えば賃貸経営できるわけではありません。特別な資格や許認可は必要ありませんが、実はアパート経営など賃貸経営を初めて始めるにあたっては、唯一「開業届」というものの提出が必要になります。正しくは、「個人事業の開廃業等届出書」というもので、事業開始1か月以内、アパートを購入し入居者募集を始めてから1か月以内に、賃貸オーナーの住所を管轄の税務署を提出します。必ずやらなければいけないのは、「開業届」ですが、節税に効果があるものとして行っておいた方が良い手続きがあります。
【1.所得税の青色申告承認申請所(開業後2か月以内)】【2.青色事業専従者給与に関する届出書(開業後2か月以内)家族に支払える給与制度】【3.減価償却資産の償却方法の届出書】
上記の書類を提出していると、賃貸経営の状況が良くなく赤字になってしまった場合、3年間繰り越されたり、10室以上規模のアパート経営であれば、家族に支払える専従者給与を経費で算出することが出来たりと、様々なメリットがあります。役所など税務署からはこのような手続きをしてくださいと、詳しい説明はありませんので自分自身の知識として持っておく必要があります。

メモを取る人

投資にまつわる税金について



不動産投資は税金との闘いです。大きくは、購入時の税金と保有することの税金があります。不動産投資で購入後まず払うのは、登録免許税です。登録免許税は物件の引き渡しと同時に支払うもので、所有権移転登記をするためですが、土地が1.5%、建物が2%の比率でかかり、固定資産税の評価額に対してこの税率がかかります。
また、購入時でかかるものが不動産取得税です。購入後半年以上たった時に納税通知書が送付されてきます。保有してからの税金としては、固定資産税や都市計画税があります。固定資産税の税率は1.4%、都市計画税の税率は0.3%になり、固定資産税の評価額に対して税率がかかります。
もちろん、賃料収入からの所得税も支払わなければなりません。アパート経営で、10室以上、もしくは戸建であれば5棟以上の賃貸オーナーをしている場合は、家族に給与を支払うと税金の控除が得られたりします。不動産投資は、税金ばかりかかり税金との闘いですが、規模を大きくして言ったり個人が不動産を行った場合、確定申告をしっかりすることで場合によっては節税することにつながります。
不動産投資以外にも、それぞれの分野で投資には税金が課せられています。知らぬ存ぜぬで、納税を怠ってた場合、脱税となってしまいますので気を付けましょう。

通話中の女性

アパート経営で成功するためには



今現在、新しい建物古い建物を含め、アパートのような賃貸物件は過剰供給になっており飽和状態です。その中で、成功していくには何をすればよいのでしょうか。1つの建物でも周辺環境にあった、間取りを優先に。収益を優先に考えればアパート1棟の建物にワンルームが沢山あった方が、入居率100%の場合、一般的に家賃収入が増えます。
近くに大学があり、学生の街であればそのような物件は問題ありませんが、新興住宅地に近く、家族連れの人が多いエリアの物件の場合どうでしょう?入居率100%であれば沢山の賃料収入が見込めますが、入居してもらえなければ本末転倒です。ベットタウンのようなエリアの場合、2LDKなどの家族連れが入居しやすいような間取りの建物ですと、入居率が上がります。
また、ローンでアパートを購入している場合、返済比率を考えることや損益分岐点に注目する必要があります。返済比率に関しては、50%以下にすることをお勧めしています。損益分岐点に関しては、入居率を出すことができ、その指数はできるだけ少ない方が良いです。このように、数字の面でもしっかりプランを立てることが重要ですが、飽和状態といった状況の中で、いかに他の物件と差別化を図るかが成功のキーになります。

アパート経営コラム

アパート経営ランキング

TOP